トピックス

トップ > トピックス > 2007年のトピックス > トピックス詳細

民主党愛知県連・第8回定期大会を開催 7月の参議院選挙 2議席当選を誓う!!(2007/06/05)

6月3日(日)13:00-より市内ホテルにて第8回定期大会を開催し、2007年度活動方針、役員、予算などが承認された。
来賓には松原武久名古屋市長、神野進連合会長が駆けつけお祝いの言葉をいただいた。

議長団には15区総支部から浅井由祟氏(県会議員)と3区総支部からは谷口知美氏(名古屋市会議員)が選出された。

報告等では、2006年度「党務報告・総括」、第16回愛知県知事選挙・総括、第16回統一地方選挙・総括、会計報告などを採決した。

方針等では2007年度「活動方針案」、第21回参議院議員通常選挙・方針案、予算案等が提案、承認された。

参議院選挙候補者の決意表明では、大塚耕平参議院議員が「医療・介護・年金・雇用・教育・治安対策、本当に皆さんが必要としているものの財源が足りない。この悪循環がつづいています。この大事な局面で選挙に望ましていただくことに身の引き締まる思いです。燃える思いを持ちましてこの夏の参議院選挙しっかりと戦わさせて頂きます。」と力強く表明、谷岡郁子県連副代表の代理からは「この国どうにかしてよと言う言葉に立つことになりました。回りをみると本当の幸せとは思いません。しわ寄せの国になっています。多くの人にしわ寄せの行かないことが大事です。二人が勝って日本を悪い方向へ行かせない決意です。」と全員にその決意の共有を呼びかけた。

大会の最後に、先の統一選挙で当選した天野正基氏(県会議員)が「民主党の掲げる「生活維新」こそが、この国の明るい未来と希望をもたらす最大の政治課題、7月の参議院選挙では何としても2議席当選と与野党逆転を勝ち取らなければならない。」と必勝決議を述べ、団結頑張ろう三唱の音頭をとり勝利を誓った。

07_06_05_01.jpg
07_06_05_02.jpg
07_06_05_03.jpg

前のページに戻る

Copyright(C)2008 The Democratic Party of Japan. All Rights reserved.