トピックス

トップ > トピックス > 2017年のトピックス > トピックス詳細

愛知県連・男女共同参画委員会 子育て女性の就労支援施設を視察(2017/02/22)

参加議員ら参加議員ら 働く意欲のある子育て中の女性が、仕事と家事・育児の両立の困難さ、職場環境や保育園不足により子どもを預けることのできない現状など、働きたくても働けない社会環境が大きな問題となっており、女性の社会進出の妨げや子どもの貧困問題につながっています。
 そこで2月16日に愛知県連・男女共同参加委員会は子育て女性の就労支援に対する国や県の取り組みについて「マザーズハローワーク」と「ママ・ジョブ・あいち」の視察調査をおこない県内議員(女性6名、男性11名)が参加しました。


あいちマザーズハローワークあいちマザーズハローワーク 厚生労働省所管の「あいちマザーズハローワーク」では、子育てしながら就職希望する方を中心に様々な状況やニーズに応じながら就職にいたる道筋をサポートしています。
 託児つきの各種セミナ―も毎月開催しており、安心してPCなどのスキルアップや就労支援を受ける事ができます。
 また、早期の就職を目指す方のための個別支援をおこなっており、予約による担当者制で丁寧な支援が行われていました。
 「マザーズハローワーク」と同じフロアには、人材が不足している介護・看護・保育にかかわる「福祉人材コーナー」も設置されていました。


 愛知県所管の「ママ・ジョブ・あいち」は愛知産業労働センター17階の労働総合支援フロアの一角に設置されており、子育て等により離職した方への再就職支援を実施しています。
 女性同士で話し合うカウンセリング、再就職の不安を解消するワークショップ、職場実習、女性の採用を考えている企業との再就職相談会など「何かしたい」「何からはじめれば?」「働きたい」の相談を応援していました。


 必要な方に必要な情報や支援が届かないことは、大きな課題の一つです。
 必要な方々に社会資源を活用していただけるよう、私たち議員から発信していくためにも、現場の視察はよい機会となりました。

前のページに戻る

Copyright(C)2008 The Democratic Party of Japan. All Rights reserved.